家族(家庭)問題ライター、家族(家庭)問題アドバイザー。傾聴ライティングで、あなたのこれまでの人生を客観視して家族問題解決へのアドバイス

初めまして!
家族(家庭)問題ライター&アドバイザーの中野セリと申します。

傾聴ライティングで、あなたのこれまでの生育歴を客観視します。
客観視をすることでこれまでの悩んできた人生の本当の問題点を探り、
家族問題解決へのアドバイスへ導きます!

傾聴ライティングとは?詳しくはこちらへ。

ブログ

夢に突然「かつてイヤな目にあわせた人」が出ても怖がらないでいい理由

夢にイヤな人がでてきた、忘れたい事象があらわれた。 夢に関しては心理学でも解析がさまざまで、なにが本当なのかはまだわかっていません。 わかっていない理由に怯えるより、事実に即した心の立て直しの方が楽に生きれます。

19a9cbab46ad2d49d2d633ed5ea570f3_m

ゾーンに入る人は、自分を疑う氣持ちがない

「ゾーンに入る」という言葉を知ったのは10年ほど前です。 私がゾーンに入ると音も消えて、見るものすべてがスローモーションに映るのです。 私が考えるゾーンに入る状況といえば「自分を疑う氣持ち」がまったく頭にないときです。

f0885828ebf7b7b309de4ca8577a7eba_m

玄米サラダ弁当とアカシアの花の天ぷら 〜豚の丸焼き、道中こぼれ話2017年編

豚の丸焼き号に乗って宴会をするため「機内食」を意識したお弁当をこさえています! これが思いの外好評で、嬉しい限りです。 ところでアカシアの花って食べたことありますか? 帰り道で購入できたので食べてみました。

玄米サラダ弁当

豚の丸焼き2017年は、肉汁がナイアガラの滝のようにあふれだした!

今年も豚の丸焼きの会に、参加をさせていただきました。 早いもので今年で3回目です。 これ以上の飯テロがあるのだろうかと思うほど、豪華で楽しい。 毎回楽しい思い出で、胸がいっぱいになる会でもあります。 この会から今年後半のパワーをいただきました。

IMG_0915

他者を巻き込み振り回す気まぐれさは、幼児性の強い人の特徴

氣まぐれや氣が変わることは、誰にでもあります。 ただ人を振り回すことになんの罪悪感も覚えず、コロコロと意見が変わる人がいます。 目の前にいる人が大人なだけに理解不能となりますが、これは幼児性です。 幼児性の強い人の心の中がどうなっているのかを知ることで、被害を最小限にとどめることができます。

7df36022a469e3b1c9cf83b310bbfd08_m

楽しむ氣持ちは伝染し、自分の自由度は上がる

以前はFacebookへブログのシェアのみをしていました。 最近は週に数回、趣味の自作の夕飯の投稿をしています。 仕事とは関係のない投稿を始めると、違うことを意識するようになりました。 楽しみながら研鑽するなかに、自由度の幅がでてきました。

Fish`n  Chips
フィッシュ&チップス

共依存関係の依存する側は、劇薬の中毒症状に似ている

依存される側は「どこまで許していいものか?」と誰しも悩むことだと思います。 また依存できる状態は、常に脳に快楽物質を与えます。 その快楽物質を「自分で断つ」と決断しないことには、自ら依存をやめることはありません。

753982

自己肯定感(自分を信じ認める力)を上げられない悩みは、もういらない

自己肯定感(自分を認め、信じる力)の低さに悩む人は多いと思います。 「他者と比べても意味がない」とも言われますが、優れた人が存在するのは事実です。 その差はどこから生まれるのか? また自己肯定感を高くする努力より、自分の存在する確率を考えてみてはいかがでしょう?

0b2af1e012fd64d386afd6f8321cadc1_m

モヤモヤしているときは、自分の本音を引き出し防護策を練るチャンス 〜備えあれば憂いがなくなる

課題が現れたとき、1つずつの対応は最善を取った。 それなのにどうにも氣持ちはモヤモヤ、ザワザワしている。 そんな時こそ理屈と、感情(本音)が離れているのかもしれません。 最近驚くような本音が自分に出てきて、スーッと対策を取るとスカッとしました。

376f65e8369532871dd2ddd6843b4372_m

善行は自分を喜ばせることから 〜誰も犠牲を伴わないのがボランティア

「ボランティア」に対する考え方は、さまざまかと思います。 ただ自己犠牲を払うボランティア精神は、家庭でも社会でも機能しないのではないでしょうか。 ラーメンの袋に書いてあったキャッチコピーが元で、ボランティアに対する考えを書きました。

2食入りだから「アベックラーメン」なのかー!
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
にほんブログ村 家族ブログへ
PAGETOP