家族(家庭)問題ライター、家族(家庭)問題アドバイザー。傾聴ライティングで、あなたのこれまでの人生を客観視して家族問題解決へのアドバイス
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 月別アーカイブ: 2015年11月

月別アーカイブ: 2015年11月

頭では理解していても、感情が追いつかないときは時間と休養が必要

想定外のことや計画外のことでショックを感じると、それだけで消耗してしまいます。 その疲れた頭で「原因追求」などをすると、正常な判断はできません。 時間を取って回復するのがいちばんの近道です。

IMG_1949

「やってはいけない」と思えば思うほどミスをしてしまう心理

ミスは誰にでもあります。 そうしてミスが起きたときに自分のせいだと思っていても、案外人のせいにしていることも多々あります。 そんなときには「誰かがあなたを責たか?」「自分を過信していないか?」と点検する必要があります。

IMG_1949

気持ちが冷えているときは、体も冷えている

涙もろい、お小水が近い、など体の冷えは感情とも密接です。 感情を整理すると同時に体を温めてあげなければ、感情は冷えたままです。 そんなときは怪我もしやすいですし、自己免疫力も落ちてしまうので効率良く温めましょう。

お味噌汁

怒りん坊は肝臓が弱っている。  〜国産のライムが出ましたね!

以前は輸入ものでしか食べられなかったマンゴー、ドラゴンフルーツなどが国内で生産されるようになって久しいですね。 ただライムだけは無理なのだと思っていましたところ、国産ライムを発見することができました!

image

取り上げられる恐怖は、与えられない寂しさに勝る

先月末ごろ突然の足のうっ血で、大騒ぎをいたしました。 おかげさまであれから2週間でうっ血もすっかり引き、あと一息となりました。 健康のありがたみを奪われて、さまざまな事柄に感謝が湧いてきました。

IMG_1949

騙しても裏切っても、本音を墓場まで持って行かなければいい人だ

怒りが頂点に達すると必死になって自分を守るあまり、激しく傷つけ合うことがあります。 それでもそういう時ほど、本音は出やすいのです。 どんな簡単な対人関係の問題でも、どちらか一方が本音を言わなければ解決は難しいです。

IMG_1949

パニック障害の原因となった場所へ、突然行くことになりました 〜自画自賛でbravoなワタシ!

最近ひょんなことからパニック障害が起こるきっかけになった、現場へ行くことになりました! 断ることもできましたが、自分の意思で行くことを選択しました。 そうして発症した5年前の私は、跡形もなく消え去っていたことを知りました。

IMG_1949

人はこんなにも忘れる生き物か?

「なくて七癖」と言いますが、年齢とともに他者の癖や自分の癖を見るようになりました。 そうして可能な限り意識して、悪い癖は取り除きたいと考えています。 けれども案外、人はいつまでも「三つ子の魂百まで」でしかないのかもしれません。

IMG_1949

真のたくましさはピンチが起きたときに、どこまで自分をあきらめないかで決まる

「たくましい人」の基準はさまざまですが、成功者(お金持ち)は一様にたくましく見えませんか? お金は持っているに越したことはないのですが、貯めるより使う方が難しいエネルギー体です。 本当にたくましい人は、エネルギーの使い方を知っている人だと私は考えるのです。

IMG_1949

うたた寝する快感を47歳で初めて知る 〜「もっと」のつぶやきをやめる

ずっとうたた寝する人がうらやましかったのです〜。 それがいつの間にかできる(!?)ようになりました。なんて気持ちがいいのでしょう! 夜に「もっと」を考え始めると、交感神経が働いて目が冴えてしまいます。 「もっと」は日中に考えましょう。

image
« 1 2 3
  • facebook
  • twitter

ランキング応援いただけると、ブログ更新の励みになります!

↓いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 家族ブログへ




PAGETOP