家族(家庭)問題ライター、家族(家庭)問題アドバイザー。傾聴ライティングで、あなたのこれまでの人生を客観視して家族問題解決へのアドバイス
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 月別アーカイブ: 2015年12月

月別アーカイブ: 2015年12月

自分の好き勝手にする免罪符として「困ったときはお互い様」を使うものではない

先日ある人との会話から「お互い様」という言葉に違和感を覚えました。 お互い様は自分のために使うと、誰かを傷つける凶器にもなるのだと。 そこで思い出したのが、数年前に出会った温かな「お互い様」のエピソードです。

IMG_1949

不安という魔物が、自分の環境の良し悪しを左右する2

昨日の続編です。 不安になると自分の気持ちを、なぜ他者へ理解してもらおうとするのか? また理解をしてもらいたい相手はどのように感じるのか? 理解をしてもらうのは不可能でも、不安を克服した経験や情報は、同じ悩みを持つ人との間では宝なのです。

IMG_1949

不安という魔物が、自分の環境の良し悪しを左右する

楽しいことばかりしていれば、本当に人は幸せになれるのでしょうか? 不安と隣り合わせの日々と、そうでない日々から見える景色はまったく異なります。 またそれは他者からの理解から、推し量ってしまうものではありません。

IMG_1949

身体症状から自分の状態を知る 〜すべては自己表現

「熱があるくらいで寝込むなんて」「ちょっとした風邪で仕事を休むなんて」など、人はついつい頑張ってしまいがちです。 また人によってさまざまな身体症状を出して、心や体のSOSを訴えています。 身体症状には個人のパターンのようなものがありますから、パターンを知り、対処法を知ることで早く切り抜けることができます。

IMG_1949

心に大きな痛みを伴うできごとが起きた後には、大きな変化が訪れる

サイクルは人それぞれですが、環境などに変化が訪れる前には大きなできごと(事件)が起こりやすいです。 できごとを見て見ぬふりをしようとすると、なかなか前へは進まず同じ状態で足踏みします。 大きなできごとが起きた後ほど、大きな変化が訪れる前触れなのだと恐れずにいてください。

IMG_1949

うつや不安な感情が出たときは、イカとタコを食べよう!

うつや不安な感情が出たときには、早め早めに対処しておきたいものです。 食事からのアプローチとして、イカやタコがうつには大変効果的なことがわかっています。 簡単に作れるイカ、タコのお料理を2品ご紹介しています!

大きなタコ足が、お安く手に入りました

心+食事+運動=健康! 〜ノビノビストレッチとアロマの効果でリラックス

運動を定期的に長く続けるのは、私にとってとても難しいことです。 けれどもやはり健康でい続けるには、運動が欠かせません。 無理せず、頑張らずに続けられる運動を探していたところ、ストレッチ教室初体験に出会えて気持ち良かったです!

ストレッチ教室

色眼鏡で欲しい感情を得る

色眼鏡の力はあなどれません。 脳は自分を守るために、さまざまな色眼鏡をかけ変えてトラブルと対峙しようとします。 そこで欠落してしまうのは「事実」です。

IMG_1949

要件を先に伝えない話術は、人の不安感をあおる

人とのコミュニケーションは、ちょっとした心がけでよくも悪くも転じます。 「目的を最後に話す」という心理が働くと、相手は「目的を隠された」という不信感が出てきます。 そのような行き違いを起こさないためにも、目的から先に伝える習慣が自分の身を助けます。

IMG_1949

依存を他者へさせなくなって、いちばん変わったこと 〜誰からも道を尋ねられなくなった!

以前はしょっちゅう見ず知らずの人から、道を尋ねられていました。 それがここ何年も聞かれていないのです! 道を聞くのこと自体が悪いことではないのですが、質問攻めにあっていたのがピタリと止んだのは喜ばしいことです。

IMG_1949
« 1 2 3 4 »
  • facebook
  • twitter

ランキング応援いただけると、ブログ更新の励みになります!

↓いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 家族ブログへ




PAGETOP