家族(家庭)問題ライター、家族(家庭)問題アドバイザー。傾聴ライティングで、あなたのこれまでの人生を客観視して家族問題解決へのアドバイス
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 月別アーカイブ: 2016年8月

月別アーカイブ: 2016年8月

憂鬱な気分が抜けないときは、体だけでも動かして

鬱感情の強かった友人が3泊4日のハイキングへ行き、5歳ほど若返って帰ってきました。 尽きぬ悩みをどれだけ見つめて考えていても、答えは出ません。 そんなときは、体だけでも動かしてみてください!

image

断捨離がこんなに奥深いとは・・・

お盆休みはいかがお過ごしでしたか? 昨日からお仕事の方もいらっしゃるようですね。 私はセッセと断捨離をして過ごしました。 断捨離がこんなに奥が深いことを、初めて感じた夏でした。

全部細切りにして遊ぶ。
写真は今が旬の白いか。
甘くて美味しい

好き嫌いで判断すると、すべてが自由自在の自己責任となる

昨日の投稿の続きですが「いい、悪い」は相対する人のモラルの問題です。 「好き、嫌い」は自分の問題です。 人は自分の問題以外の人間の問題を抱えることに、ストレスを覚えます。(愚痴なんかもそうですよね) つまり「いい、悪い」に振り回されると、ストレスはなくならないということです。

さらにドーン‼︎

子供のころは今よりずっと大人だった 〜「いい、悪い」で判断する大人たち

先日友人の子ども同士の喧嘩を見ました。 途中止めに入ろうかと思うほど、真剣に戦っていました。 けれども終わるとどちらも根に持たず、思わず「大人だね!」と膝を叩いてしまいました。

IMG_1949

自己犠牲心の強い中間子が、負けず嫌いを開花させた日

真ん中っ子である中間子は私の世代にも多くはありませんでしたが、少子化の今日はなかなか見かけませんね。 「他者と競い合うのが嫌い」という特徴がいちばん強く出るのが、中間子です。 競い合うことを回避するために、自己犠牲心を出して補おうとします。

IMG_1949

一期一会の思いが、自分と自分を取り巻くものを大切にして強くなる

一期一会と言われると初めて出会った人のことが、すぐに連想されると思います。 しかしながら物、家族、家の中の光景もすべてが一期一会です。 同じ日はまたとこないからです。 それらを大切にすることから自分を大切にすることにつながり、強い自分へとなれると思います。

f623fe333b24b750561d908f51870a96_m

心の立て直しの順番は癒し→思考の整理→行動パターンを変える

疲れてしまったとき、意慾が湧かないとき、人は癒しを求めます。 癒し自体は必要なものなのですが、癒されて終わったのでは元の木阿弥です。 癒しは次のステップを考える必要なツールであり、目的ではありません。

IMG_1949

共依存関係から脱出するのは怖いことなの?

最近共依存関係から逃れるためのノウハウを、シリーズとして書いています。 すると昨日ある方が「共依存脱出シリーズ」と名付けてくださり、嬉しかったです。 いつまで続けるのか決めていませんが、もうしばらくこのシリーズは続けたいです。

IMG_1949

共依存関係でも親を責めてはいけないのは、親は尊敬するものだから?

依存する親を責めたくても「親なのだから責めてはいけない」というストッパーは、依存された子なら誰でもあると思います。 ストッパーは優しさであったり恐れであったり、さまざまですが尊敬の念ではありません。 そうして責める側と、責められた側という観点で考えるという必要もあります。

IMG_1949

共依存関係は家庭内の「いじめ」です 〜灰かぶり姫からは脱却しましょう

親と共依存関係に陥った子供は、家庭内でいじめにあっています。 いじめは幼児性の強さの現れですが、年齢関係なくどこにでも存在します。 幼児性から逃れるためには、自分を成熟させることがもっとも早道なのです。

IMG_1949
« 1 2
  • facebook
  • twitter

ランキング応援いただけると、ブログ更新の励みになります!

↓いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 家族ブログへ




PAGETOP