家族(家庭)問題ライター、家族(家庭)問題アドバイザー。傾聴ライティングで、あなたのこれまでの人生を客観視して家族問題解決へのアドバイス
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 共依存関係、逆転親子

共依存関係、逆転親子

マジョリティー(多数派)とマイノリティー(少数派)の逆転があればいじめは減る?

ハーフタレントさんたちの出現で、ハーフはわりと憧れの存在です。 けれども私が小学生のころは、圧倒的マイノリティー(少数派)でした。 そうしていじめにあった人も、少なくなかったようです。 共依存関係の家庭も、今はまだマイノリティーの分類のように思われています。 けれどももしこれが圧倒的なマジョリティー(多数派)になれば、どうなるかを妄想していました。

IMG_1949

「〜してもいいよ」「しようか?」という依存的な親の頼み方への対応法

前回は依存的な親からの「命令形」で頼みごとの対応法でした。 今回は「許可制」と「合意のもと」のふりをする親の対応法です。 主には相手がどのような心理のもと、こういった頼みごとをしているかを知っていただきたいです。

IMG_1949

親から「命令形」で頼みごとをされたら、どう躱(かわ)す? 〜フェイント力を身につけよう

子供である自分が具合が悪いのに親から「食事を作りなさい」と言われたら? 共依存関係の子がその理不尽に従ってしまうのは、恐怖に支配をされているからです。 ですから自分へ恐怖心を想像させないフェイントする力を、身につけると楽です。

IMG_1949

幼児性が強いゆえに、子供へ依存的な親のお願いのしかた

プロスポーツ選手は対戦相手の癖や、強み、弱点をとても研究していますよね。 依存的な親へ対しても特徴や精神構造を抜きにして、対峙することは難しいと思います。 そこで今日は依存的な親に共通する、精神構造をまず理解してもらいたくて書きました。

IMG_1949

家庭内いじめ(共依存)を撲滅させるたった1つの方法は、供給を断つのがいちばん

共依存関係の親子は、健全な親子関係にはない要求が親からきます。 そこで子供が要求を通してしまうことで、さらに不健全さを増してしまいます。 こうして親も子も大人になる(成熟)ことを、未発達にしていきます。

820d4969e5600ab389fe67ad3f941b35_m

親に諦めてもらうことは、親の成長を促進する

諦めるという言葉は一見ネガティブな言葉と思われますが「勇気ある撤退」という言葉はポジティブではないでしょうか。 依存する親の干渉から逃れられないのには、ネガティヴとポジティブを逆に捉えている場合があります。

IMG_1949

生きづらい人は「負ける」ことを覚えると楽になる

「負けないこと」を念頭にして考えてしまうと、優先順位が狂うことが往々にしてあります。 また負けを認めることで他者にしか持ち得なかった主導権を、自分で取り戻すことができる場合があります。 プライドや志を高く持っても、自分を失ってしまえばそれはアダになるからです。

8327b2fbbde34cd9b2f827d41b560578_m

妖怪のようにあなたをコントロールしているのは、いったい誰?

自分軸と他人軸というのは、分別が簡単なようでいて突然ひっくり返ります。 言われのない責めや、人知れぬ罪悪感で案外苦しんだりするものですよね。 特に親の依存から抜け出せないと「誰の軸で考えているの?」という人が多いです。 ハロウィンにちなんで、親を妖怪に見立ててみました。笑

02a53cb6652dd11c8140c10dbece62cf_m

詐欺師にお金を盗られても「被害者意識」や「恨み」は簡単に消せますか?〜共依存関係は自覚することが難しい

共依存関係に陥る人は「被害者意識を持つな」とか「親のせいにするな」と言われてしまうことが多いです。 けれども被害者意識を消すことで、共依存関係から抜け出せるのか?ということへ疑問が残ります。 そこで私はどのようにして消したのか?を思い起こしてみました。

IMG_1949

信頼、信じる……それは誰のため?

信じるという感情は、自由なものが対象であってほしい。 信頼する対象は、自分自身であってほしい。 そうして信じられた方も自由に呼応したり、背いたりできる存在でありたい。 信頼関係というのは利害関係や目的が一致をしていないと、構築できないと思っています。

IMG_1949
« 1 2 3 4 9 »
  • facebook
  • twitter

ランキング応援いただけると、ブログ更新の励みになります!

↓いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 家族ブログへ




PAGETOP