家族(家庭)問題ライター、家族(家庭)問題アドバイザー。傾聴ライティングで、あなたのこれまでの人生を客観視して家族問題解決へのアドバイス
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 精神論

精神論

最初の指導者が教えることは「ものごとの楽しみ方」だけでいい 〜悲しい死を増やさないための1つの提案 

私が心理学の勉強を始めた原点は「いずれ死が訪れることがわかっているのに、なぜ人は死を選ぼうとするのか?」ということでした。 心の強い人、弱い人はどこから差が出るのか?自分の弱さを含めて、その原因を知りたくなったのです。 そこには心を弱くする「連鎖」がありました。これをどこかで断ち切ることができれば、弱い人も強くあることができます。

8885f49991ad1ad8bdf2d7ff92c0ec4b_m

家族(家庭)問題を発信する意義 〜ブログを毎日更新して半年が経ち初心へ返る

ブログを毎日更新して半年になりました。 ごくごく最近のこと突然「ブログを毎日更新しなくてもいいのでは?」 という悪魔の囁きを、ある方がフーっと吹き飛ばしてくれました(笑)

507812f0206ac9d3690d1a03a29a0dc4_m

持って生まれた性格のコントロールはできるけど、変えられない 〜楽に生きる

もともとは、ずぼらでだらしのない性格です。 本当の性格を隠すために、いつも緊張して生きていました。 ずぼらでだらしのない部分を隠せなくなって、本当の自分を受け入れる準備ができました。

3362f7e1e2375476e58de70945b94ce0_m

自分を大切にするということと、エゴのたったひとつの違い 〜イヤだと言えない人たちの考え癖

自分を大切にすることと、エゴの区別のつかない人がごくたまに見受けられます。 その人たちの苦手な言葉は「イヤだ」です。 「イヤだ」を上手に言えるようになれば、エゴも引っ込みます。

fe9424f3d47f87d18d8cf21e533abf3d_m

壊れてしまったものは元には戻らない。感謝をしてお別れするだけ

考え方ひとつで物にも人にも悪者にしてしまったり、善良にしてしまったりしてしまいます。 「立ち位置」を変えて見ることで、相対するものの見方が変わり感謝が生まれることもあります。

c07bdde2148d681e930e8b6a951a9d14_m

シンクロが起きたら、大きな力の波に乗って運命をゆだねるとうまくいく

霊感などない私ですが、強烈なシンクロがときどき起こります。 きゃー!と声をあげてしまうこともあれば、鳥肌ゾワゾワということも起こります。 そんなときは「なにかからのメッセージがきている」と解釈するようにして、シンクロの事象に解決をゆだねるとうまく行くことが多いです。

3dc28dddf3c3ecbebab0d6cb23dd8ffd_m

シングルペアレントとその周囲の者は、子供を「かわいそう」だと呼ばないで

自己憐憫に浸っているときは、前を見ることができません。 自己憐憫は幼いころ「かわいそうな子」と呼ばれて育った大人に蓄積された、怒りと悲しみの感情です。 どんな境遇でも明るく前を見ることができる力を授けるのが、大人の役割です。

3d5830a1504fd01037c785513afb09a8_m

家族問題は空想に気づけば、ボヤ火事ですむ 〜事実と空想を分ける大切さ

脳は事実確認よりも、空想を膨らませる方が忙しいのです。 いい空想を膨らませることで、状況をよくするということが起こります。 また悪い空想を膨らませることで、人間関係が修羅場まで発展することも起こります。 悪い空想が膨らんだときに、いちばん不安を解消する手立ては「事実を集める」ただそれだけです。

04d053e45cea78fb7a50299bf2f67d55_m

恨みがあるのなら恨み返すのではなく、幸せになることが最大の復讐

どうすればひどい目にあわせた人を許せますか?とよく聞かれます。 本当に許さなければいけないのでしょうか?なぜ? 許さなければどうなるか?我慢をするか、復讐したくなります。 それでは自分がいつまでも幸せになれません。

f7b20d2e9e09b48386fe9c35e6728173_m

無知って恐ろしくて大胆だ 〜中野セリをググってみた

勉強したいことしかしない。知りたいことはトコトン追いかける。 そんな自分のアンバランスさに疑問を持っても仕方がない。 アンバランスゆえの大胆さがある。知りたいものにはとび込んでいける強さもある。

c6c924d469a827656daf20c6e8149dcd_m
« 1 14 15 16 17 »
  • facebook
  • twitter

ランキング応援いただけると、ブログ更新の励みになります!

↓いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 家族ブログへ




PAGETOP