家族(家庭)問題ライター、家族(家庭)問題アドバイザー。傾聴ライティングで、あなたのこれまでの人生を客観視して家族問題解決へのアドバイス
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 夫婦の悩み

夫婦の悩み

信頼、信じる……それは誰のため?

信じるという感情は、自由なものが対象であってほしい。 信頼する対象は、自分自身であってほしい。 そうして信じられた方も自由に呼応したり、背いたりできる存在でありたい。 信頼関係というのは利害関係や目的が一致をしていないと、構築できないと思っています。

IMG_1949

変化を嫌うのはあたりまえ!でも、いつもと違うパターンを小さなことから試してみる

成功の保障のない環境の変化に飛び込むのは、誰しも怖いものです。 「このままでいいのだろうか?」と漠然と考えてはいても「もし変化をして不安定な状況になるのなら」と同じ場所へ居続ける。 それもありですが、もし「イヤだ、少しでもいいから変わりたい」と感じる人へお読みいただければと思います。

image

他者の顔色に過敏な人は、1日1回は必ず自宅以外で1人になる時間を取るすすめ

機嫌がコロコロ変わる親や、瞬間湯沸かし器のように怒りのスイッチの入る親。 そういう親たちに育てられてしまうと、常に他者の顔色を見る癖が抜けなくなり消耗が激しい。 日常で1人になる時間を意識して作っていただきたいです。

image

責められるとパニックが起きて、固まってしまうのは⁈

昨日の投稿の続きを、もう少し細かく今日は書きます。 責められたときに心を痛める反応は、大きく2つに別れます。 ご自分はどちらのタイプなのか?というのは実はあまり関係なくて、「怒りで自分を毒することを避ける」という目的があるのです。

IMG_1949

「セックスとは孤独の克服」超売れっ子AV男優が語る誰にも聞けないセックスの話

パートナーとセックスについて語るのは、とても難しいことだと多くの人が経験しているのではないでしょうか? また「秘め事」ゆえ、悩みがあってもなかなか相談できる場がありません。 多くの女性とのセックス経験を踏まえた、AV男優さんたちのお話を聞きに行きました。

image

経済的自立と精神的自律はどっちが先?

自立、自律を考えるにあたって多くの人が「経済的な自立が先」だと考えているようです。 しかしながら経済的な自立を果たす前に誰もが学校へ行き、さまざまな経験を積みます。 大人になってもそういった積み重ねがなくなれば、経済的な自立は難しいのではないかと思うのです。

IMG_1949

過干渉を受けて大人になっても「なにをしたいかわからない」人たちへ 〜もしあなたが今無人島へ流されたら、何がしたい?空想サバイバーの勧め

子供の頃から強い干渉を受けた子供は、大人になって無気力になりがちです。 「自分がなにをすれば楽しいのかわからない」という人は案外多く、チャレンジ精神に乏しい。 そんな無気力さんへ、無人島サバイバル空想をオススメいたします。

image

欲望は時代を超えても変わらない 〜春画展を見て「タブーとはなんぞや?」

開催期間終了ギリギリで、念願の春画展を見てきました。 テクノロジーは進化していますが人間の根源的な欲望って、どの時代も変わらないのですね。 そうしてタブーを打ち破る大切さを、改めて感じました。

春画展会場 永青文庫

「役立とう」と考えると間違う 〜役割から解放される幸せ

人は家庭でも社会でも、さまざまな役割が振り分けられます。 「役に立つ」という前提に振り回されて、逆に迷惑行為に転ずることもあるのです。 役に立つというのはあくまでも結果論で、役に立とうとするとおかしなことが起こり得ます。

IMG_1949

甘えたい気持ちやわがままは、誰にでもある 〜依存と甘えの境界とは

依存的な人は、相手の甘えを受け止めきれません。 また相手の許容範囲を無視した言動をしても、受け止めてもらえるのを良しとします。 いわゆる「自分に甘く、相手に厳しい人」です。 その関係性を続けることで依存される側は、自分の価値基準がブレてしまい相手へ自分を適応させようとします。

IMG_1949
« 1 2 3 6 »
  • facebook
  • twitter

ランキング応援いただけると、ブログ更新の励みになります!

↓いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 家族ブログへ




PAGETOP