牡蠣だ!旬だ!

牡蠣だ!旬だ!

仙台滞在2日目は、松島のかき小屋の予約を取っておいてくれました。

その年によって開店期間が変わるのですが、今年は10月25日〜3月11日までだそうです。

牡蠣好きは急げ!

晴天の松島海岸駅

晴天の松島海岸駅

JR仙谷線あおば通り駅から電車で約30分で、松島海岸駅に到着。

松島海岸駅から歩いて15分ほどの場所に、かき小屋(松島観光協会)はあります。

「かきを焼いてくれるお姉さまがどんどん食べるように勧めてくれるけど、夜には痛風鍋を予約しているから控えめに食べるように」

食べすぎ警報を出されましたが、かき小屋では生がきは食べれません。

私はどちらかというと生がきが好きなのです。

食べすぎ警報を出されているにもかかわらず、生がきを置いているお店へ立ち寄ってもらいました。

松島へ行くたびに立ち寄る漁師の海鮮丼というお店。

生がきの提供期間は限られていますが、ここは殻つきがきを1つから食べさせてくれます。

うわーい! 透き通った生がき

うわーい!
透き通った生がき

1つはレモンのみで。

持参したタバスコとケチャップをそそっと

持参したタバスコとケチャップをそそっと

もう1つはレモン、タバスコ、ケチャップで。

この順番で食べていると、バケツ1杯分でもかきが食べられそうです。笑

天国!

生がきが名残惜しいですがウォーミング・アップも完了して、かき小屋へ向かいます!

貝塚が.......!

貝塚が…….!

小屋へ近づくと貝塚ができています。

鉄板をぐるっと囲んで座る

鉄板をぐるっと囲んで座る

小屋でのかきはO-157感染を防ぐため、しっかりと加熱してから食べます。

蒸してくださるお姉さまから「生焼けだった場合は吐き出してください」と注意を受けますよ。

スコップでザクザクかきを

スコップでザクザクかきを

屋外にある山のように盛られたかきを、スコップですくったかきを鉄板まで持ってきてくれます。

お酒とレモンは別売で購入

お酒とレモンは別売で購入

お酒はビール、日本酒、白ワイン、缶酎ハイなどひと通り売っています。

お皿の上に置かれたエプロンと軍手を左手にはめて、蒸しあがりを待ちます。

蒸しあがり!

蒸しあがり!

蒸しあがるとお姉さまからどんどん食べるよう促されます。

夜に備えて食べすぎ警報を出されていたことを忘れて、無心に食べ進めてしまいました。

かきマンション

かきマンション

ひとつの岩に複数のかきが貼りついているのもあって、すべてのふたをあけて一氣に食べました。

カニと同じくかきでも、無言になるものなのですね。

蒸しがきは甘くて味が濃くて、レモンなしでもすごく美味しいです。

複数のふたが集合住宅の扉のようなので「かきマンション」と呼ぶそうです。(冗談です)

かき飯とかきのお吸い物

かき飯とかきのお吸い物

ころ合いを見計らって、かき飯とかきのお吸い物を持ってきてくれます。

蒸しがきをマシマシ

蒸しがきをマシマシ

さまだ鉄板には、たくさん蒸しがきが乗っています。

せっかくなのでお汁の中に蒸しがきをマシマシ。

ここぞとばかりにご飯にも、マシマシしましたよ。

滅多にできないぜいたくです!

私ひとり分のかきの殻

私ひとり分のかきの殻

食べ終わったかきの殻は缶の中へ入れることになっています。

私ひとり分の殻なのですが、いったいいくつ食べたのか検討もつきません。

食べすぎ警報は完全に忘れていました。

遊覧船に乗って塩釜漁港へ!

遊覧船に乗って塩釜漁港へ!

かきでお腹もいっぱいになったところで、遊覧船に乗り込み塩釜漁港へ向かいます。

松島を眺めて〜

松島を眺めて〜

凪いだ海でぐるっと松島の島々を眺めながら、ウトウトしてしまいます。

かなりの数の乗客が景色も見ずに、爆睡していましたよ〜。

塩釜港到着

塩釜港到着

塩釜港に着くと、歩いて銘酒浦霞の本店に向かいます。

浦霞は私が日本酒を初めて「おいしい!」と思ったお酒です。

立派な酒蔵

立派な酒蔵

東日本大震災の際に壊滅的な被害を受けたにもかかわらず、今は立派に復興を果たしておられました!

かなり感激しました。

利き酒できます!

利き酒できます!

300円でぐい呑を買うと、5種類のお酒の利き酒をさせてもらえますよ。

ちなみに「うらがすみ」と呼んでいましたが、正しくは「うらかすみ」なのだそうです。

マグロのポスト

マグロのポスト

塩釜漁港はマグロの漁港だそうです。

マグロのオブジェがポストの上に乗っていました。

石ノ森章太郎電車

石ノ森章太郎電車

塩釜駅から乗った電車は石ノ森章太郎電車でした!

仙台、宮城は行くたびに違う食や景色を見せてくれるので楽しいです。

またお邪魔したいと思います!


投稿がお気に召しましたら、ポチッとクリックをお願いします!

↓いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 家族ブログへ