203ea1d9b19766b04dfb84cb4ae3b807_m 

彼氏の喜ぶ顔が見たくて、早起きして素敵なお弁当を作る。

見た目も色も、栄養バランスもバッチリだ。

彼の大好物のから揚げもたっぷりと入れた。

ワクワクしながら開けるときになると、

「まいったな。昨日から揚げたくさん食べたから、
 今日はハンバーグがよかったんだよなぁ」
と彼氏は心のなかで思ってしまった。

けれどもそれを言ってしまえば彼女が、

ガッカリするかもしれない。

あるいは

「こんなに頑張って作ったのに!
あなたの健康を考えた体にいいものと、
好きなものがたくさん入っているのよ‼︎」
などと怒りだされることを想像して、
本音を隠して我慢しながら食べる。

彼女は彼女で精一杯考えて作ったのに、

相手がちっとも喜んでくれているように見えない。
なんだかむっつりと食べているようにも見える。

「体調でも悪いのかしら?」

「味付けが濃すぎたかしら?」
などの想像が頭のなかを駆け巡る。

後日なんかの原因で喧嘩になったときに、

突然あの日のお弁当の話まで彼女から飛び出す。

「私はいつも一生懸命なのに!

 あなたはちっとも喜んでくれない」

売り言葉に買い言葉で

 「俺だって食べたくもないものを
 一生懸命食べさせられたよ!」
と、どちらも被害者意識を振りかざすだけの、
 堂々巡りの喧嘩が勃発してしまう。

しまいには

「誰が弁当作ってくれって頼んだよ!」
「誰が食べてくださいってお願いしたのよ!」

子供から

「産んでくれって頼んだ覚えはない!」
と言われてしまう理屈も、ベースは同じだ。

痴話喧嘩の原因なんて、
しょせんはそんな他愛もないことが多い。

それでも何度もそういったことが度々繰り返されると、

互いに疲れてしまい、別れがきてしまう。

彼女は彼氏を喜ばそうとしていた。

彼氏は彼女を傷つけたり、怒らせまいとしていた。

どちらも善意でしかないのに、

なぜ被害者意識を振りかざすほどの
喧嘩になってしまうのか?

それは善意の奥にあるそれぞれの「意図」の押し付けだ。

彼氏の「今日は食べたくない」という意図。

彼女の「喜んでほしい」という意図。

それぞれが思っている自分の行動の意図を言わずに、

気持ちが伝わるはずがないのに、
伝えないからややこしい感情が起こり始める。

「食べなければがっかりされたり、

怒らせてしまうのではないだろうか?」

「体調でも悪いのだろうか?

味付けが気に食わないのだろうか?」

これらは意図をきちんと伝えずして、

勝手に相手の気持ちを空想している物語だ。
実際にそんなことは起きていない。

仮に「食べたくない」

と言った相手が怒ったなら甘んじて怒られる。
「喜んでほしい」
と言って相手が「嬉しくない」と言っても甘んじる気持ちが、
あれば被害者意識が増えることはない。

甘んじられないから、

相手が自分の意図の通り、
反応してくれないことを責めてしまう。

自分が言いたいことを伝えて、

それを受け入れられなかったのは相手の問題だ。
こうなると被害者意識は起こらない。

相手の問題と自分の問題を、

すり替えないようにしないと喧嘩はいつでも起きる。

そのためには常に意図を明らかにすることと、

意図を明らかにした上で、相手からどんな反応がきても、
それは相手の意見として甘んじる。

人の役に立つ話をすることも同じだ。

それを聞いた人の役に立つか立たないかの判断は、
情報を提供された側であるということ。

 情報を提供した側から

「役に立つだろう?なのになぜ感謝をしない」
と言われることではない。

例えそれが正論であっても、

どれだけその人のことを考えてあげていても、
その人が求めていない情報ならば、
ただの欲しくないものにしかならない。

人への善意は相手からの反応が、自由であるはずだ。

「相手がどう思おうと、

自分は自分の与えたい善意を与えただけ。
これは自分の勝手でやったことだから、
あとは相手の判断に委ねよう」

そう思えないのなら、

善意を与えているのではなく、
相手を操作しようとしていることになるので、
善意は害悪となって自分へ戻ってきてしまう。
 
 
 
 
 

投稿がお気に召しましたら、ポチッとクリックをお願いします!

↓いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 家族ブログへ